So-net無料ブログ作成
検索選択

電気代は活動時間をずらすことで安くすることができると思う

生活費の中で一番高いのは家賃です。生活費を節約するために、もっとも大幅な効果が見込めるのは安い家賃のところに住むことでしょう。そうすれば、毎月の生活費を確実に減らすことができます。

でも、もし家賃が変えられない、住む場所を変えられないとしたら、何が削られるでしょうか?私は家賃の次に削減する費用として、電気代を考えました。電気代は、今の生活状況、生活の水準を維持しながらも安くできると思いました。

私の考えついた方法は、至って簡単な方法です。その方法とは、早く寝て早く起きることです。夜更かししていれば、それだけ起きている間の光が必要となります。部屋の明かりであったり、スマートフォンの画面の照明です。自宅で過ごすこと、自宅での活動内容が何であれ、何かをしようとしている限り、電気を必要とします。

でも、それを日中にしていれば、電気を使わなくても同じ活動をすることができます。活動時間を変えることで、電気代が安くできると思ったのです。私は、この考えを実行するために、早速昨日の夜はいつもより1時間早く寝ることにしました。
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トラックバック 0